Quick Ticket by MOALA 利用規約

第1条(本規約の目的及び適用範囲)
本利用規約は、Quick Ticketを通して発券した電子チケットのユーザーによる閲覧、管理、使用等に関する当社とユーザーとの間の権利義務関係を定めることを目的とし、ユーザーは、本利用規約の内容に同意して電子チケットの閲覧、管理、使用等を行う。


第2条(定義)
当社 playground株式会社をいう。
Quick Ticket スマートフォン、タブレット及びその他のポータブル端末上のブラウザ・コミュニケーションアプリ等を用いた電子チケット発券を実現するクラウドサービス型の電子チケット発券サービスをいう。
ユーザー Quick Ticketを通して発券されるチケット又は金券を購入する者、電子チケットに閲覧・アクセスする者又は電子チケットを使って、入場・拝観・体験プログラム・ガイド・飲食サービス・商品等の提供を受ける者の総称をいう。
ログインID ユーザーが電子チケットにアクセスするために利用するログインID又はアカウントをいう。
ログインパスワード ログインIDと組み合わせて、ユーザーが自らとその他の者を識別するために用いられる符号をいう。
ユーザー提供データ Quick Ticketによる発券にあたって必要となる、ユーザーから当社へ提供される、又は、当社がユーザーから収集する、チケットの閲覧、アクセス、使用等に伴って発生する情報(ユーザーによる消込やスワイプ履歴など)をいう。
電子チケット Quick Ticketを通して発券される電子上のチケット又は金券をいう。
ユーザー Quick Ticketを通して発券されるチケット又は金券を購入する者、電子チケットに閲覧・アクセスする者又は電子チケットを使って、入場・拝観・体験プログラム・ガイド・飲食サービス・商品等の提供を受ける者の総称をいう。

第3条(ログインID、ログインパスワードの管理)
1. ユーザーが購入又は入手した電子チケットにアクセスする場合、ログインID及びログインパスワードを使用してログインする。
2. 前項の場合において、ログインID又はログインパスワードがユーザの使用しているSNSサービスのログインID又はログインパスワードであるときは、本利用規約に加えて当該SNSサービスの規約等も合わせて適用される。
3. ログインID及びログインパスワードの使用又は管理等に関して、当社は一切の責任を負わない。


第4条(電子チケットの使用目的)
1. ユーザーは、転売等の営利的目的のために電子チケットを使用、閲覧、アクセス等しないことを表明し保証する。
2. 当社は、ユーザーが電子チケットを転売等の営利目的で使用したことを知った場合、そのおそれがあると判断した場合又はチケット販売者からの要請があった場合は、電子チケットの使用を中止させるなど、当社が適切と判断する措置を取ることができる。


第5条(権利の帰属)
Quick Ticketのために用いられるソフトウェアプログラムを含む全てのシステムに関する著作権、特許権、及び商標権を含む全ての知的財産権(知的財産権を受ける権利を含む。)並びにその他全ての財産的権利は、当社又はそのライセンサーに帰属する。


第6条(データの扱い及び利用)
ユーザーは、当社がユーザー提供データを当社のサービス改善や統計等の目的で使う場合があることを了承し、承諾する。


第7条(クッキー等の利用)
ユーザーは、当社がQuick Ticketを提供する過程において必要な場合、ユーザーによる電子チケットの使用、アクセスなどに関連し、クッキー、ウェブビーコン及びGPS情報等を利用することを許可する。


第8条(禁止行為)
ユーザーは、電子チケットを閲覧・管理・使用等を行うにあたり、以下の行為を行ってはならない。
(1) 本規約で定める使用目的以外の目的で、自ら若しくは第三者に対して電子チケットを使用、改変、翻訳、貸借、複製、再販売、再使用許諾又は担保提供すること。
(2) 電子チケットの変更又はリバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブル等のソースコード解析を行うこと。
(3) 電子チケット及び電子チケットに付随して提供した資料に付記ないし固定されている著作権等の権利表示の変更・除去・隠蔽等を行うこと。
(4) チケット販売者から要請がある場合。


第9条(通知等)
当社からユーザーに対する通知は、本利用規約に別段の定めがある場合を除き、当社ホームページへの表示により行う。ただし、通信障害等やむを得ない場合には、当社が適切と判断する方法により行われる。当社からユーザー宛ての通知は、当社ホームページに表示された時点をもって、効力を生じたものとみなす。


第10条(非保証及び免責)
1. Quick Ticketは、本利用規約に記載の条件において提供されるものであり、Quick Ticketに関し、法律上許容される範囲で、ユーザーへの適用可能性、利便性、有効性、信頼性、適時性、品質、特定目的への適合性、真実性、常に使用可能であること、正確性及び完全性等について当社は一切保証せず、また以下の各号についても保証しない。
(1) 電子チケットの使用における安全性、適時性及び常に中断されないものであること。
(2) 他のハードウェア及びソフトウェアのシステムやデータと互換性があること。
(3) 天災地変、騒乱、暴動、停電及び電力供給の逼迫、放射能汚染その他不可抗力に起因して発生した損害。
(4) ユーザーの設備障害又はQuick Ticket用設備までのインターネット接続サービスの不具合等ユーザーの接続環境障害に起因して発生した損害。
(5) インターネット接続サービスの性能値に起因して発生した損害。
(6) 電気通信事業者の提供する電気通信役務の不具合に起因して発生した損害。
(7) 電子チケットがユーザーの要求又は要望に適っていること。
(8) 保管されているデータが正確で信頼性があること。
(9) 電子チケットを通して取得された情報その他の内容の品質がユーザーの要求又は要望に適っていること。
(10) エラー又は欠陥が修正されること。
(11) 電子チケット及び電子チケットを利用可能にするサーバーに、ウィルスその他の有害な要素がないこと。
(12) その他当社の責に帰すべからざる事由に起因して発生した損害。
2. 当社は、ユーザーがQuick Ticketを利用したことに起因してユーザーに生じたあらゆる損害について一切の責任を負わない。ただし、当該損害が当社の故意によって発生した場合はこの限りでなく、この場合、当社は、ユーザーに直接かつ現実に生じた通常損害(逸失利益、派生的損害、間接損害は除く。)につき、当該損害が発生した日の直前の1ヶ月間に当社がユーザーから受領した利用料の額を上限としてユーザーに損害を賠償する。
3. 電子チケットとして発券されるチケット又は金券の売買はユーザーとチケット販売者との間の契約であり、当社は、これに関し一切責任を負わない。


第11条(規約の変更)
当社は、本利用規約をいつでもユーザーに事前通知なく変更できる。


第12条(本利用規約及びその他の利用条件等の有効性)
本利用規約等の一部が法令に基づいて無効と判断されても、その他の規定は有効とする。


第13条(管轄裁判所等)
Quick Ticketの提供にあたっては日本国の実体法と手続法が適用され、ユーザーと当社とは、Quick Ticketに関連して生じる一切の紛争については東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意する。


以上
附則
2017年9月12日制定